Natural Designのコンセプト

Natural Designのコンセプトは、自分らしく住まう。

Naturalは『自然な、自分らしさ、素材』
Designは『家族の暮らし方やこれからの生活すべてを設計』
断熱や気密、耐震もしっかり考えて、シンプルだけどカッコいい、長期に安心して住まうことが出来る、飽きのこないおうち。
おうちは自分がリラックスしていられる場所、そんなゆっくりと暮らせる空間をお客様と創っていきたいと考えております。
ただの家づくりではなく、Naturalな笑顔あふれるご家族の安心できる将来をDesign致します。


Natural Designは性能にもこだわる

お客様にオススメする部材に関しては、

・健康に配慮・メンテナンスの容易性・機能性

など、コストパフォーマンスも十分に考慮して選択しております。
時代の流行りも大切ですが、長く安心して使用できる部材選びは、
お客様が安心して生活できることに繋がります。

住宅にとって性能を確保することは、
快適に過ごせる事に繋がり、
さらに、健康や安全性にも関わってきます。

「断熱」「気密」「換気」「耐震」については、
弊社独自の基準を設けております。

断熱性能

夏は涼しく、冬は暖かく、快適に過ごすために
大切な性能が、『断熱性能』になります。
また、結露の発生を防ぐことで、
構造部位の腐食を防ぐ役割も担います。

外気にさらされる屋根・壁・床・窓からは、
夏は暖かい空気、冬は冷たい空気が室内に流入します。

(例)省エネルギー基準レベルの家と高断熱の家との温度差の比較

省エネルギー基準レベルの家と高断熱の家の比較図

このように省エネルギー基準レベルの家では
部屋と部屋に温度差ができてしまいます。
この室内の温度差が原因で『ヒートショック』が起こり、
亡くなられる高齢の方がたくさんいます。
他にも、寒さが原因で学習能力や運動能力の低下など
様々な面で影響がでるとされています。

【Ua 値】

断熱性能の数値は、『Ua 値』という単位で表すことが出来ます。
家の表面から出ていく、「熱の逃げにくさ」を表します。
数字が小さいほど断熱性が高く、熱が逃げにくくなり、
快適性を保ちやすくなります。

Natural Design では、
Ua 値を平均数値『0.56 以下』を標準としています。
※全棟詳細に、省エネ計算を行います。
※現在の断熱性能の推奨基準値は、
H28年省エネ基準で『0.87』になります。

気密性能

そして、断熱性能と同じく大切な性能が
『気密性能』です。
お部屋を暖かく保つためには、外からの冷たい空気の流入を防ぎ、
尚且つ暖かい空気が外に逃げてしまわないように、
家全体の隙間を無くさなければいけません。

せっかく暖房や冷房をしても、気密性能が低いと
バケツの穴から水が流れ出るように
隙間から大切な熱を無駄にしてしまいます。

【C 値】

気密性能の数値は、『C 値』という単位で
表すことが出来ます。
C 値は建物の延床面積に対する隙間面積の割合で、
この値が小さいほど気密性が高くなり、
隙間が少ないということになります。

Natural Design では、
C 値を平均数値『0.5 以下』を基準としています。
※全棟気密測定を行い、基準値以下をお約束いたします。
備考:C 値『1.0』で、
家全体の隙間がはがき 1 枚分相当に該当します。

高気密・高断熱住宅は、
外の暑さや寒さなどの外気の影響を受けにくく、
冷暖房が効率よくかかるため、
夏は涼しく冬は暖かく過ごせるということになります。
夏や冬に関わらず、年間を通して快適に過ごせることが
最大のメリットです。

換気性能

コロナ以降、特に注目されているのが『換気性能』です。
換気には、多くの役割があります。

・室内の汚染された空気を排出する
換気は、室内の汚れた空気を排出し、
新鮮な外気と入れ替える必要があります。
この際にできるだけ汚れた空気を排出するとともに、
排出された空気が再度外気として、
入ってくるのを防ぐ必要があります。

そこで、換気の計画をたてるためには、
給気から排気に到る空気の流れ(換気経路)を
考えることが重要になります。

また、特に近年増えているシックハウス症候群や
化学物質過敏症の方にとっては、

・空気中の埃や有害物資、
衣類に付着した花粉や PM2.5 などを外へ排出

・生活していると必ず発生する
不快な悪臭を、外へ排出

・結露やカビの発生により、
建材の劣化を防ぐために除湿

なども、身体にとって、とても重要になります。

合田工務店では、お客様の健康と快適性を守るため、
『換気』についても、欠かさず計画いたします。

耐震性能

住まいにとって、安心・安全に住み続けるために
大切なのが『耐震性能』です。

日本は、世界から見てとても小さな島国ですが、
世界中のマグニチュード6以上の大地震に限定すると、
約22%が日本で発生しています。

まだ皆様の記憶にも新しい、
2016 年 4 月 14 日に起きた『熊本大震災』では、
実に多くの方が、地震の被害によりお亡くなりになりました。

地震対策は、起きてからでは取り返しがつかず、
建てる前に、確実に対策を講じる必要があります。

地震に対する住宅の強度について、
目安となるのが『耐震等級』になります。
『耐震等級』は、建物の耐震性能によって
ランクが 3 段階に分かれており、
その数字が大きければ大きいほど、
建物の耐震性能が高いことを表しております。

耐震等級のイラスト

木造住宅の耐震計算方法は 3 種類。
「壁量計算」、「品確法による計算」、
「許容応力度計算」があります。
同じ耐震等級3でも、最も強度が強いのが
『許容応力度計算』になります。

合田工務店の家は、全て『許容応力度計算』による、
『耐震等級 3』の家を提供しています。

合田工務店の家は、全て『許容応力度計算』による、
『耐震等級 3』の家を提供しています。
お問い合わせはコチラ
お問い合わせはコチラ